バイク保険の人身傷害保険とは?搭乗者傷害保険とどう違う?

投稿日:2020年6月2日 更新日:

バイク保険で自分側のケガを補償するものには人身傷害保険と搭乗者傷害保険があります。どちらも運転者や同乗者が事故で死傷した場合に補償を受けられますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いや押さえておくべき注意点などを紹介します。

人身傷害保険とは

人身傷害保険とは、バイクに搭乗中の事故で自身や同乗者の方が死傷したときに、ケガの治療費の実費や後遺障害による逸失利益や介護料、精神的損害、働けない間の収入など実際に発生した損害を過失割合による相殺なしに補償する保険です。過失割合に関係なく受け取れるので示談交渉が長引いたときでもその結果を待つ必要がありません。また、搭乗者傷害保険も契約していた場合は人身傷害保険、搭乗者傷害保険の両方ともが支払われます。

人身傷害保険には契約中のバイク以外のバイク(契約のバイクと同一の用途・車種のバイク)に搭乗中・歩行中・自転車搭乗中の事故も補償するタイプと契約中のバイクに搭乗中のみ補償されるタイプの2つがあります。記名被保険者(主に運転する人)の配偶者・同居親族・別居の未婚の子も補償を受けられる幅広い補償です。

搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険とは、契約中のバイクに搭乗している際に事故によって死傷した場合に、ケガの部位・症状に応じて決められた金額が支払われる保険です。同乗している方全員が対象となります。人身傷害保険も契約していた場合はそちらの保険金も支払われます。

搭乗者傷害保険は受けたケガの内容に応じた定額の支払いになるので、よりスピーディに保険金を受け取ることができます。なお、契約のバイクに搭乗中のみの補償なので、人身傷害保険のように他のバイクに搭乗中の事故や歩行中の事故では補償されません。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

人身傷害保険と搭乗者傷害保険でどのような違いがあるのか、その違いを整理します。

支払われる金額

人身傷害保険は約款に記載の損害額基準に従って実際の損害額を保険金額を限度に支払われます。ケガの治療費だけでなく、休業損害や精神的損害、逸失利益などについても対象となります。

それに対して搭乗者傷害保険はケガの部位や症状に応じてあらかじめ決められた金額が支払われます。実際の費用がそれより多くても少なくても関係なく一定の金額での支払いです。人身傷害で対象となる休業損害などは加味されません。

支払われるタイミング

人身傷害保険は実際の損害額が支払われるので損害額がどれだけになるのかの確定を待つ必要があります。ただし、過失割合に関係なく支払われるので示談交渉の結果を待つ必要はありません。

一方、搭乗者傷害はケガの部位や症状に応じた支払いとなるので損害額がいくらになるのかの確定を待つ必要はありません。そのため、人身傷害保険よりもスピーディな支払いとなります。

補償の範囲

人身傷害保険では契約のバイクに搭乗中の事故以外に、他のバイクに搭乗中や歩行中、自転車に搭乗中に事故に遭った場合も補償されるタイプがあります。一方で搭乗者傷害保険は契約のバイクに搭乗中の事故のみ補償の対象となります。

人身傷害保険は補償の重複に注意

バイクを2台以上持っている場合、人身傷害保険で補償の重複が起こる場合があるので注意が必要です。人身傷害保険では契約のバイクの搭乗中の事故以外に他のバイク搭乗中や歩行中の事故も補償されるタイプのものがありますが、このタイプの人身傷害保険を複数のバイクにつけると補償内容が重複して保険料が無駄になってしまいます。他のバイクに搭乗中の事故や歩行中・自転車搭乗中の事故を複数のバイク保険で補償範囲に含める必要はないのです。

保険料の無駄をなくすには、1台のみに他のバイク搭乗中や歩行中の事故も補償されるタイプの人身傷害保険をつけ、他のバイクのバイク保険は契約のバイクの搭乗中のみに補償されるタイプのものをつけるとよいでしょう。ただし、バイクの保有状況が変わったときに補償がなくなってしまわないように注意が必要です。

補償範囲が広いタイプ搭乗中のみ補償のタイプ
契約のバイクに搭乗中の事故
ほかのバイクに搭乗中の事故×
歩行中や自転車搭乗中の事故×

まとめ

自分側のケガを補償する人身傷害保険と搭乗者傷害保険ですが、事故時に支払われる金額やタイミング、補償範囲などで違いがあります。両方の補償をつけていた場合には両方から保険金が支払われます。保険料と補償内容のバランスを考えて、両方の補償をつけるのか、どちらか片方だけにするのか検討するようにしましょう。

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.